現金たった4万円から独学で月収30万円達成した超リアリズム凡人の佐藤くんがカメラ転売のすべてを徹底解説!

撮影ブースの紹介

撮影ブースについて

出品商品を撮影するために必要な撮影用のブースを用意しましょう。

↑僕は最初の頃使っていましたが、

自作したブースのほうが圧倒的に使いやすいです。

お金はあるが時間が無いという方は、仕方ないので買いましょう。

ただ、今はたくさん種類があるので

レビューをよく見て検討されたほうが良いと思います。

 

自作する場合

オススメなのが100円ショップのダイソーで売っているカラーボード』です。

色はもちろん白で、

僕が使っているのは450×840サイズなので幅が広く使い勝手が良いです。

 

天井部分にレフ板を置かなくても、

カラーボードだけで綺麗に撮影できますよ!

 

ただし、人気商品らしく在庫を切らしている店舗もあるようなので

最寄りのダイソーに売っていなかったり、置いていなかったり、

そもそもご近所にダイソーが無い人は、ダンボールで自作しましょう。

 

ダンボールで自作する場合は、

大き目のダンボールを使用し、内側に白紙を貼り付けるだけでOKです。

なるべく横幅のある箱を使用しましょう。

 

 

カメラ転売徹底解説!

PAGETOP