現金たった4万円から独学で月収30万円達成した超リアリズム凡人の佐藤くんがカメラ転売のすべてを徹底解説!

クレーム対応の極意

クレーム対応は時間と労力の無駄

クレームには理由が必ずあります。

ジャンク、難あり、訳ありの商品を

誇大表現やコンディションを誤魔化して販売すれば当然クレームに繋がります。

消費者を騙して転売する行為はビジネスではなく詐欺行為です。

 

再出品手数料

よく返品条件として再出品手数料を掲示している出品者を見かけますが

不満を抱いている消費者相手にありもしない手数料を求めるのは

余計に不満感を煽ることになり、その後の対応に支障をきたす原因にもなります。

そもそもヤフオクの規約上この再出品手数料は求めてはいけないので

きちんとルールに則った販売をしましょう。

 

出品者サイドの逃げ道は作らず、

正々堂々と誠意をもった対応を心掛ければ伝わります。

 

もしクレームをもらってしまったら

ikari

1.迅速かつ誠実な対応を!

消費者の不満点に対して納得できれば出来るだけ早く対応しましょう。

消費者心理を考えると、不満と同時に不安を抱いている方もいらっしゃいます。

対応が早ければ早いほど不安の解消に繋がります。

 

2.選択肢の提案をする

一方的な返品・返金対応をするよりも

一部返金を提案したり逆に相手に提案を求めることで、

不満を満足に変えることが出来ますし、結果スムーズな対応にも繋がります。

※良い対応をしたことでリピーターになってもらえたケースもあります。

 

3.場合によっては一晩置く

たまに熱の入った文言で訴えてくる方もいます。

こういった落札者様には冷静かつ事務的な対応を心掛けましょう。

迅速に対応していると逆にどんどん熱くなってしまう方もいます。

そういった場合は多少時間を空けて連絡することで、

相手の熱が冷めることもあります。

※時間を空けることで不満や不安を与えてしまうこともありますので、慎重に。

 

ときには毅然とした対応も必要

過去に「手振れ補正がない」といった申し出なんかもありました。

誤発送していないことを確認し、商品と商品写真を確認

メーカーの公式商品ページと出品商品写真の確認をお願いした途端に

態度を変えられた方もいらっしゃいました。

指摘された内容に心当たりの無い悪質なクレームに対しては毅然とした対応も必要です。

※こちらに落ち度が無いか可能な限り事実確認をすることをお忘れなく。

 

 

カメラ転売徹底解説!

PAGETOP